PAGE TOP

年齢肌の奮闘メモ日記

TOPPAGE > アトピーのケースでは、どういったお

アトピーのケースでは、どういったお

アトピーのケースでは、どういったお肌のお手入れがお奨めなのでしょう?アトピーの原因はすべてが解明されているワケではありませんから、これこそが正解だというスキンケア法や治療法などは見つかっておりません。ただし、アトピーの人は、ごくわずかな刺激や体温の上昇で痒みが出てきますから、基本的には刺激を与えないことが最も大切です。

徹夜がつづいてニキビでぶつぶつになりました。


私はよくニキビができる体質なので、わずかでも肌に負担を感じるとニキビが発生するのです。


どんなに忙しかろうとも、できる限り早く寝てよく眠るように気を配っています。ニキビは睡眠(食事をとれないことよりも、眠れないことの方がつらいとされており、心身に不具合が生じるでしょう)不足によって引き起こされるものだと思います。

梅雨の時節に心配なこと。それはカビではないでしょうか。


気温が高く、湿度も高い。
そんな環境では、私達の肌の常在菌も増殖する傾向にあります。
真菌の中にマラセチア菌というものがあるのですが、この菌が引き起こすとされる「でん風」といわれる皮膚の病気は、体の部位を選ばず発症します。でん風の中には、一般的なシミとそっくりで茶色をしているものや、逆に、皮膚が真っ白になってしまうものもあります。違和感を感じるようなシミを見つけたら、まず皮膚科に行き、相談をしてみて下さい。

35歳ともなると、服などで隠せない顔や手の部分にシミが出現して、恐ろしい増殖ぶりです。
私の場合は原因がはっきりしていて、無防備な日焼けのせいです。出産後、歩けるようになったおこちゃまと、平日は二人で、休日は夫と共に近所の公園で太陽の下、思い切り遊びます。お出掛けの準備は戦争です。
おこちゃまの持ち物を揃えるだけで一しごと、まあいいかと若さゆえの根拠のない安心感でその通り出かけてしまっていました。
ただ、シミのないお肌のためには、外出時の日焼け対策は必須です。ポケットに入れてでも持っていくことにします。



顔のほうれい線を目立たなくするには、美顔器を利用したスキンケアを実践するのがいいでしょう。
たった2本しかないほうれい線ですが、現れてしまったほうれい線を化粧品のスキンケア効果で薄くしたり消すことは簡単にはできません。そこで、日頃からのお手入れに美顔器を使用して、肌の奥の深い部分まで美容成分を染み込ませることが大切です。スキンケアには保湿を行うことが一番大事です。入浴をすると水分が肌からどんどん外へ抜け出ていきます。そういった乾燥を防止するために、化粧水と乳液を使用した後に今回は保湿クリーム持つけることを推奨します。夜保湿クリームを使うと肌の潤いがあくる日の朝までつづき、メイクが肌になじみます。

ニキビ跡としてよくある悩みが、肌にくぼみができてしまうことや肌の黒ずみといったトラブルです。

クレーターについては専門知識をもった皮膚科で診察をうけないと解決しませんが、お肌の黒ずみの治療は美白化粧品で時間をかけて薄くしていく事が可能です。
ニキビを作らないようにする上で大切なのは、雑菌の温床にならない環境を生み出すことです。ファンデーションのパフに皮脂汚れが付けっぱなし、たとえば、枕を長年洗っていない、手で直接肌に触れるといったことは、顔に雑菌を塗っているのと同じです。



普段から清潔を保てるように気をつけて生活しましょう。



顔にできたシミが気になるなら、まずは日頃のスキンケアによってお悩みを解消したいと思う人も多いでしょう。ですが、日ごろのケアではどうにもならない時はレーザー等を用いてシミを消す治療法もあります。エステサロンにおいては特殊な光によって、シミのお悩み解消を目指しているところもありますが、病院の皮膚科などでは、レーザーを照射する治療でシミ消しが可能なのです。炎症を起こした状態のニキビは、洗顔の時などにちょっと触っただけでも痛みを感じたり刺激を感じたりします。
ですから、ニキビが炎症を起こしている時には、気になったとしても指で触るのは絶対に辞めてください。



触ると痛いというだけではなく、指から雑菌が侵入して、もっと炎症がひどくなることがあります。
Copyright (C) 2014 年齢肌の奮闘メモ日記 All Rights Reserved.