PAGE TOP

年齢肌の奮闘メモ日記

TOPPAGE > ニキビの跡としてよくあるトラブルが、肌が

ニキビの跡としてよくあるトラブルが、肌が

ニキビの跡としてよくあるトラブルが、肌がクレーターのようにくぼんでしまうトラブルや肌が黒っぽくなることです。
クレーターを治すにはきちんと治療できる皮膚科で治療を受けないと解決しませんが、黒ずみについては美白化粧品によって少しずつ薄くするという治療もあるでしょう。


実は昔、私が20歳のおり、背中の痒みがひどく見てみると多数の吹き出物ができていたんです。
すぐに皮膚科で見てもらいました。

その結果、医師から、「背中の吹き出物はニキビと判明しました。原因はご飯が偏ったせいなんですが、脂肪分の多いものばかり食べているんじゃないですか?」と注意されてしまいました。チョコがもっともニキビができやすい沿うです。

梅雨と言えばやはり、カビが心配な季節ですが、蒸し暑い季節になると、私達の肌にいる常在菌も増殖する傾向にあります。
中でも、マラセチア菌(真菌)が悪さをすることによって発症するいわゆる「でん風」という皮膚病がありますが、体の部位を選ばず発症します。


一見、シミのように見える茶色いでん風もありますが、逆に、皮膚が真っ白になってしまうものもあります。なんだか変だな、と思う場合は、勝手に「シミだ」と判断せず、皮膚科を受診された方が良いでしょう。よくテレビで芸能人の肌をみたりすると、全くシミのない美しいものですよね。

沿うはいっても、我々と同じヒトですので、実際のところは、肌の不調持つきものなのです。持ちろん、人前に出てこそのしごとですので、一般の方とは比べ物にならないくらい、その問題には必死になるのも仕方ありません。

その方法から学んでみると、日々の肌のお手入れに活かせるかも知れません。肌のシミと聞くと、真っ先に紫外線(曇りや雨の日でも紫外線は降り注いでいますから、晴れの日と同様の紫外線対策が欠かせません)の影響が考えられますが、ホルモンバランスの乱れもまたシミに大聴く影響していると言うことをご存じでしょうか。
例として挙げるなら、最近、テレビCMによって知名度を上げた「肝斑」です。

ホルモンバランスの乱れが引き起こすシミとして知られているのが、この肝斑になり、特に妊娠中とか出産後に多くみられることが今や周知の事実です。

それから、肝班をできやすくする行為としてピルという薬品の服用が挙げられ、紫外線(曇りや雨の日でも紫外線は降り注いでいますから、晴れの日と同様の紫外線対策が欠かせません)が原因のシミよりも治すことが難しいといったことも他のシミとの大きなちがいです。素肌に年齢を感じるのって何歳ぐらいだと思いますか。私は40歳より少し前だと思います。



色や髪型を変えなきゃいけないような気がしたり、皆さんなんとなくわかっているはずです。体の衰えに伴い肌がくすんできて、乾燥した部分にシワができたり、口元の法令線が本人以外にも目に見えるようになってきます。


それより前は、ちょっとぐらい肌がくすんだりクマが出来たりしても、後追いでスキンケアしたり、お風呂にゆったり入るなどの工夫でシャンとしたのですが、アラフォーになると回復スピードが落ちるんです。いえ、回復能力自体が落ちているのでしょう。

復活がダメだった!という、ひたすらブルーな朝も増えています。20代と今とではスキンケアの方法も変えていますが、対応しきれていないのかも知れません。顔にニキビが出来てしまうとひどく憂鬱になってしまいます。
でも、実はお肌の調子っておなかの中の調子と結びついているらしいので、おなかの中の環境を良くしたら、意外ときれいになくなってくれます。
まずは、腸内さっぱり快便生活から始めるためにりんごなどの食物繊維(不足すると大腸の働きに問題が生じる可能性が高いです)が豊富なものを意識的に食べて、いらないものを体から排出していったら、吹き出物もさっぱりなくなります。ヨーグルトはニキビにとっては良くないといったことが言われていたり、その逆で良いと言われたりしますが、その手の情報の真偽とは決して定かではありません。特定の食品だけに頼っているのではなく、常に栄養バランスの取れたご飯を心がけるようにすれば、ニキビの防止に繋がると考えています。ホワイトニング成分としてはさまざまありますが、肌のシミ対策にはプラセンタが一番有効成分です。
シミの原因ともなるメラニンの生成をぎゅっと抑えるしごとをします。それに、細胞分裂を活発にする成長因子を持っているので、新しい細胞をつくり出し、古い角質と供にシミにもさよならさせてくれます。さらにコラーゲンの生成も高めるなんて効果もあるため、美肌ケアとしていいですね。


女性にとってこんな嬉しいことはありません。

基本的に朝は時間に余裕がないので、お肌のケアに時間をかけられない人も多数だと思います。一分は朝とても貴重あものです。でも、朝に行なう肌手入れを手抜きをしてしまうと、ゲンキな肌で一日を保てなくなります。


より良い一日にするためにも、スキンケアは、朝きちんとおこないましょう。
Copyright (C) 2014 年齢肌の奮闘メモ日記 All Rights Reserved.